朝気持ちよく起きる デルタ派のパワー値アップ 深い睡眠

朝気持ちよく起きるにはデルタ派のパワー値を上げ深い睡眠から

寝起きが調子が悪い人は深い眠りが摂れていないということです。
朝シャキッと目覚めたい!と思う人は目覚めが悪いということです。
これは起こされようが自力で起きようが同じで朝がスッキリしない状態です。

 

特に中高年の睡眠は時間にしたら少なくなっているのは加齢によるもの。
だからと言って少ない睡眠時間でも十分に快眠はありうることですからね。
中高年の睡眠への不満は家庭環境の変化が要因として大きいようですね。
子供の自立により今までの緊張感が途切れてしまい生活の変化から・・・
定年による生活の変化も大いに要因になりうることです。

 

 

 

朝気持ちよく目覚める・・・スッキリ起きるには?

 

できたら運動で疲れて熟睡が理想ですね。
どの程度の運動をすればスッキリと目覚められるのか???
実際のところは熟睡はできるのか?それとも目覚めは良いのか?
レム睡眠とかノンレム睡眠とかあるけれど・・・
デルタ派の数値が上がれば深い睡眠がとれるようですね。
深い睡眠は環境も関係してきますよね。

 

深い眠りを毎日、継続できているということは、
まさに自然の健康の積み重ねになりますね。
グッスリ眠れるからスッキリと目覚めを迎えられるわけです。

 

 

この流れは自然の原理ですね。
スッキリと目覚めて、その日一日を快適に過ごすことも、
すべては朝の体調次第だということですね。

 

深い眠りには適度な運動も必要ですし、
ストレスをため込まない生活環境の中で精神的も、
平坦な状態を維持できれば理想的ですね。

 

適度な運動で疲れて、疲れをとるために睡眠へと自然に流れていく、
気持ちは安定していて深く眠りにつける毎日。
理想的な生活リズムパターンが健康の基礎を作ってくれるというわけですね。